2009年11月23日

善い夫婦の日。

BLOG6665.jpg

3連休、地元に帰ってきましたよ。

高校時代のお友達の結婚式に行ってきました。


地元ではメジャーなチャペルでの挙式だったのですが
祭壇側が一面窓で、きれいな青空と白樺の木々が広がっているというステキ仕様にうっとりでした。

ふつーの住宅街も見えましたが・・・まぁ市内なのでしょうがない。
というか、この立地条件でここまでの景観があるというのがさすが田舎です。
ゼク○ィのリゾートウェディング特集にも負けないかも?と地元自慢をしたい気分になりました。


わたしも気がつけば三十路を目前にしていて
歳を取ったせいなのか、涙腺がゆるくなってきています。
友達の結婚式に出るたびに、目がうるうるしてしまって・・・

今回も登場シーンで既に視界がゆがみはじめて
何度も立て直したものの、花嫁からの手紙の「ママへ」のくだりでKO。
やっぱり結婚式はいいよ。感動します。
ふたりの幸せを心から祝いたくなる。


ちなみに、だんな様とは今年の夏(秋?)に帰ったときに
いちど3人で飲み会をしてもらったのですが、なかなかの好青年です。

てっちゃん、よしえをよろしく頼みます。
(ここに書くなって・・・)
posted by az at 23:41| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
良い結婚式だったようですね。
お二人の幸せを心から祈っています。

azさんも追いかけないと〜
人のこと言えませんが・・・

花嫁から両親への手紙はおれもいつも危ないです。
数年前、妹の結婚式で、両親だけでなく、「お兄ちゃんへ」と言う手紙を読まれて、さすがにダウンでした。
Posted by このは at 2009年11月28日 01:16
■このはさん
コメントありがとうございます^^
はい、とても良い式でした。

「お兄ちゃんへ」はもう絶対KOですよ。
わたしも妹に「お姉ちゃんへ」とか読まれてしまったら・・・

いいんです。
うれしいことで涙できるのはきっと良いことですよ!
Posted by az at 2009年11月30日 23:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。